~和心 すだち~ 雪谷大塚 和食 (天然とらふぐ すっぽん あわび 天然うなぎ 熟成肉 クエ)



クエ入荷! ワタナベ入荷! 白子入荷!

11月15日は七五三ですね。今日は雨模様でしたが、週末は寒さも緩みいいお天気になるそうです。七五三のかわいいお嬢様や、御坊ちゃまが行き交うのが楽しみです♪

とはいえ・・・立冬も過ぎ冬も本格的になってきましたね。
冬といえば鍋!!
今シーズン初のクエが入荷しました。

九絵入荷!
c0248011_23172134.jpg
こちら水揚げは玄界灘です。
去年の今頃も書きましたが改めて、クエについて・・・
クエとアラは間違えやすいのですが、クエとアラは別の種類の魚です。
クエはスズキ目ハタ科マハタ属の魚。
アラはスズキ目ハタ科アラ属の魚。
ハタ類のうち、築地市場で「はた」と言われるのは『マハタ』で、スズキ目ハタ科マハタ属の魚。
混合しやすいのにはわけがありまして・・・。
地方によって同じものなのですが、呼び方が変わってしまいます。
c0248011_2322446.jpg
高知にはアラがいないのか?長崎にはクエがいないのか??みたいになってきてしまいますが(-_-;)東京でも例えば長崎出身の方がアラだよ!といっていてもそれがクエの場合があったりして、混合の原因になったりします。。。
ちなみにアラもクエもマハタも見た目は全然違います。
c0248011_23243489.jpg



さてさて、これなにかわかりますか??
c0248011_23263780.jpg
顔はメジマグロ??
c0248011_2329610.jpg
小離鰭(しょうりき) があります。サバやマグロなどの尾部に見られる、多数の小さなひれの事です。
c0248011_23295535.jpg
でも背中がシマシマ。カツオ??でも背中だけ?
c0248011_23303515.jpg
胸に輝く三ツ星?
これがわかったら、お魚博士!
相当なお魚好き、釣り好きです!












正解は~
スマ!
c0248011_23343037.jpg
水揚げは千葉です。
ちなみに私は、初めて知りましたし初めて見ました((+_+))
胸鰭の下に黒点があるのが特徴。

学名は、スマ。地方名としては、ワタナベ(千葉県)、スマガツオ(東京都)、キュウテン(八丈島)、ホシガツオ(高知県)、ヤイト(西日本各地)、ヤイトマス(和歌山県)、ヤイトバラ(近畿地方)。

「ワタナベ」という名は、胸下の黒点を渡辺家の家紋である『渡辺星』にかけたそうで。
「ヤイト」はこの黒点を灸(きゅう、やいと)の跡としたものだそう。
「ホシカツオ」は黒点を星とみたそうです。

ちなみにこちらが分類。
スマ  スズキ系スズキ目サバ亜目サバ科スマ属
マグロ スズキ系スズキ目サバ亜目サバ科マグロ属
カツオ スズキ系スズキ目サバ亜目サバ科マグロ族カツオ属
みんな近類なんですね。
大事な味はというと、巷では、カツオ界?ではトップクラスの美味しさとささやかれているそうです。
・・・もちろん試食係長としてお味見★先日カツオの大トロを食べましたが、それとは違うもっと繊細な脂身。歯触りと身質はサバのようなスッと歯が入るような感じでいて、メジマグロぐらいの大トロのような感じ。赤身近い部分はややカツオっぽい味がするものの、口のなかで溶けていくようです。う~ん。初めての味♥おいしぃですよぉ♪

白子(マダラ)
c0248011_011645.jpg
羅臼水揚げ。フワッフワッの白子。焼白子。白子の天ぷら。あ~どちらもお燗酒にぴったり!!

燗酒もラインナップが2~3種類から3~5種類ぐらいに増えました。
c0248011_014112.jpg
現在のラインナップは他に神亀・七本槍等があります。


そういえば・・・ボジョレーヌーボーは関係ないなぁ。と先日書きましたが、店主が日本ワインの新酒を仕入れてきました。日本ワインは解禁日というものがとくにないようです。
c0248011_017869.jpg
右のボトルが新酒です。14000本出荷だそうです。。。私には多いのか少ないのかよくわかりませんが((+_+))気になる方は是非お試しを~♪

c0248011_0204332.jpg

[PR]
by wagokoro-sudachi | 2013-11-16 00:20
<< ★おまかせコースのご案内★ 佐島のタコ 入荷♪ >>


本日のすだち
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
検索
外部リンク
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧