~和心 すだち~ 雪谷大塚 和食 (天然とらふぐ すっぽん あわび 天然うなぎ 熟成肉 クエ)



2012年 09月 11日 ( 1 )


ひやおろし の季節です♪

朝晩涼しくなってきて、セミの声から鈴虫やら松虫コオロギの声が聞こえてきた今日この頃。

『ひやおろし・走りの夏越し酒』
の地酒が続々入荷!!
c0248011_1011036.jpg
日本酒では、発酵を止め、雑菌を殺し、香味を保つため、「火入れ」という低温加熱殺菌を行います。通常は2回、貯蔵する前に1度、さらに出荷直前に1度、行われます。

〈ひやおろし〉は、この2度目の「火入れ」をせずに出荷されます。
盛夏でも涼しい蔵内で急速に熟成が進み、味わいの成分が馴染んで、大きく変化します。旨みが増して、まろみを帯びて、もっともバランスのよい状態になるそうです。「火入れ」をしないことで、熟成中に出てきたお酒本来の香りや、馴染んだ味わいが加熱によって壊されず、そのまま楽しむことができます。

というわけで、お酒本来の香味、熟成の旨みを、もっともよく伝えてくれるのが、この〈ひやおろし〉というわけです。穏やかで落ち着いた香りと、濃醇な味わいが特徴です。まさに円熟の味わい。旨みののった秋の味覚とも、相性ばつぐんの美味しさです!!

今回は『ひやおろし・走りの夏越し酒』からご紹介!

まずは
c0248011_10345694.jpg
夏酒でも推していた『百楽門』今年は暑い夏だったせいか味乗りが早く、秋になる前の出荷となったそうです。夏酒同様に米の旨みがありつつ軽やかでキレがあります。ただ夏酒よりも味に丸みがでて、どっしり感がでてきてます。


c0248011_10421238.jpg
『雁木』色々なスペックでもぶれがなく美味しいお酒。ほどよい熟成具合で、 雁木らしいしっかりした飲み口をもちながら、 まだ若さもあるバランス、まさに期待通りというか期待以上。すだちのお食事ともピッタリです。

c0248011_10465794.jpg
『陸奥八仙』陸奥八仙らしいフルーティなニュアンスを残しながら、甘みと酸味がベストバランス。華やかながら、じんわりとゆっくり広がっていくボディの太い感じです。

c0248011_10503653.jpg
『笹一』吟醸香があり米の甘みがほのかに感じられて、キリリッと辛口!

c0248011_10595991.jpg
『どくれ』四万十川流域の洞窟でひと夏をすごしたお酒。基本は『久礼』。どくれの『ど』は強調形。スタンダード銘柄の「久礼」よりもすごい、という意味のようです。杜氏さんが米から丹精込めて栽培し、醸したお酒。コクとうまみががっつり、どっしり。味が濃い「性格の強い」(笑)お酒です。

そして通年酒ですが・・・
c0248011_11132899.jpg
今イチオシのお酒『洌』。純米吟醸のスペック入荷しました。


お料理の方はというと・・・

週末はアワビ祭り(?)大いに盛り上がりました!!

あと数個ですが、庄ちゃんアワビございます!!!
週末に食べ逃した方是非お待ちしております!!
まだまだ、ウネウネのキチキチです!
驚異の元気印。庄ちゃんの男気が注入されてるだけあります!!
c0248011_11185929.jpg
c0248011_11191716.jpg
c0248011_11193519.jpg
信じられないこの厚み!枕かと思いました。。。


解禁になりました!!
宮城県 名取市 閖上(ゆりあげ)の赤貝!!
c0248011_1122752.jpg
c0248011_11221491.jpg
このふっくらとした厚み。コリッコリのプリプリです!!


ひやおろしと一緒にぜひお楽しみください。
c0248011_1126264.jpg

[PR]
by wagokoro-sudachi | 2012-09-11 11:26 | Comments(0)


本日のすだち
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
検索
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧