~和心 すだち~ 雪谷大塚 和食 (天然とらふぐ すっぽん あわび 天然うなぎ 熟成肉 クエ)



2015年 06月 24日 ( 1 )


羅臼 天然 ときしらず 入荷しました!

蒸し暑くジメジメしていて本格的な梅雨を感じる今日この頃。
皆様いかがお過ごしでしょうか?
夏至も過ぎもう夏はすぐそこ!今年も暑い夏がやってくるのでしょうね~。毎年あの暑さにどのように過ごしていたのか思い出せません。
とはいえ今年も夏バテしないよう少しづつ暑さに体を慣らしていきたいです!

さてさてこの時期にしか食べられないコレ!
当店では入荷は初めてです♪

羅臼 天然 ときしらず 
c0248011_22503350.jpg
北海道 羅臼水揚げです。こちらのときしらずは、船上活け締め!シリアルナンバー入り♪
c0248011_22531872.jpg
ときしらずというのは、白鮭です。
鮭の漁獲の最盛期の秋(秋鮭)以外(春から夏にかけて特に5月6月)に採れるので「トキシラズ」というそうです。 卵巣・精巣がまだ成熟しておらず、 身に脂がのっています。
秋鮭は北海道の川に帰ってきた鮭で、8月ごろから漁が始まる秋の味覚。それに対してときしらずはアムール川などのロシアの河川に遡上すると推定される鮭で、回遊中に日本の領海内を通るときに捕獲されるそうです。

ちなみに鮭児も白鮭ですが、知床〜網走付近で11月頃に漁獲される脂ののった若い鮭です。 卵巣、精巣が未成熟で、漁獲量は普通のサケ1万匹に対して1 - 2匹程度しかなく、幻のサケと言われています。 身は非常に脂が乗っており、脂肪率が通常のサケの2 ~ 15%に対し、鮭児は20 ~ 30%もあるそうです。


ときしらずなんて、割と見かけるよ。食べたことあるよ・・・・。
イヤイヤちがうんです。

こちらのときしらずはそんじょそこらのモノと違います(*☆_☆*)!

このときしらずは約5キロ以上の大型のモノ。市場に出回っているのは2キロ~3キロ程度のモノ。やはり4キロ以上になると別物に化けます。鮭児にも劣らない美味しさに化けるのです。

さらに船上締めですので、一本づつ丁寧に処置を施されています。ですので鮮度がよく、生臭みが出にくく、旨みが増します。身はこんな感じ☆
c0248011_2392757.jpg
迫力のハラミ。サシが整然と細かく綺麗に入っています。溢れんばかりの脂身★
c0248011_23114445.jpg
背側。均等にサシが見られます。
c0248011_23131950.jpg
中骨部分。どこをとってもよく脂がまわっていて、脂身だらけ過ぎず程よい印象。


早速、味見係長出動~(((()^o^(!
お造りで味見♪
口に入れるとトロリとした口当たり。歯ざわりはそれとは異なるシャクと歯切れ良し。味はまったく臭みはなく、これだけ脂がのっているのでしつこいかな?と思いきやとてもマイルドでやわらかな脂の香りが鼻に抜けます。本マグロの中トロのような印象。・・・・これは・・・かなり美味しい。他の魚にない味でしょうね。。。こちらのときしらずその辺で売っているものと別格と思ってもらっても大丈夫カモしれません。
個人的には、鮭児より美味しいカモ???お造りでこれだけイケるとなると、焼鮭にしたらも~っと美味しいのだろうなと推測されます)^o^(
c0248011_2349321.jpg
これはぜひとも食べてみる価値アリです!!!
c0248011_23501478.jpg


新物 山椒入荷。
c0248011_23522712.jpg
秋田産。店主が今年は気に入る山椒の実がないから、今年の分のじゃこ山椒はやらない。と言い張っていましたが、気に入る山椒が見つかったので、今年も美味しいじゃこ山椒が炊けそうです(ひと安心(^_^.))
なんでも、パックの下からでも香が匂ってこないと駄目だそうで。確かにこちらの山椒は、ビニール袋が重ねて詰められていてもフレッシュな香りがしてきます。実だけをもいで掃除して塩漬けします。どうぞお楽しみに♪
[PR]
by wagokoro-sudachi | 2015-06-24 00:00 | Comments(1)


本日のすだち
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
検索
外部リンク
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧