~和心 すだち~ 雪谷大塚 和食 (天然とらふぐ すっぽん あわび 天然うなぎ 熟成肉 クエ)



2015年 09月 16日 ( 1 )


秋の味覚そろい踏み♪

十五夜は、旧暦の8月15日(現在の新暦9月15日)前後に訪れる満月の日の事。今年は、9月27日だそうです。

月々に 月見る月は多けれど 月見る月は この月の月

その通りまさに・・・月みる月はこの月です。読み人知らずではありますが、有名な句ですね。気が付けばすっかり秋めいて、朝晩の空気は過ごしやすくついつい夜更かししてしまう今日この頃。

秋の味覚も揃って参りました!!
きのこの山
c0248011_23395312.jpg
松茸、舞茸、大なめこ、しいたけ!松茸は、岩手です♪

きのこの献立が出始めるとすっかり秋を感じます(*^_^*)

松茸にはコレ!

c0248011_23424934.jpg
淡路水揚げ。松茸と鱧の小鍋、松茸を鱧で巻いて揚げた鱧松天がおすすめです♪

紅葉鯛
c0248011_23461946.jpg
竹岡水揚げ。店主がちらっと漏らしていたのですが、実は桜鯛より紅葉鯛の方が美味しい・・・。と!そう桜の季節にとれるものより紅葉の時期にとれるものの方が、美味しかったりするのです。何故桜鯛が有名になったかというと、鯛の水揚げ量が一番多いのが桜の時期なのです。鯛子を食べるのには当然桜鯛です。

鯛自体を楽しむにはこれからの時期。紅葉鯛。なんなら子を持つ一歩手前の1月ごろが一番脂ノリが良いと思います。ただのりすぎていても、しつこくなってしまったりするので、程よい時期がやはり紅葉鯛なのでしょう。自然のものなので、時期外れや個体差は多少あるかも知れませんが。。。

秋刀魚・さば
c0248011_0124938.jpg
秋刀魚 根室。さば 木更津。秋刀魚を食べるころになると秋になったなぁと思います。

子持ち稚鮎
c0248011_019440.jpg
滋賀県 琵琶湖水揚げ
子持ちなのに小鮎??と思われると思います。琵琶湖の鮎は、他地域のアユのように大きく成長オオアユと、湖内にとどまり大きく成長しないコアユが存在するそうで、コアユはおおよそ12㎝ぐらいまでしか成長しないそうです。ですので、稚鮎ぐらいの大きさでも立派に子持ち小鮎になるのです!ちなみに琵琶湖の固有種は漁が禁止されていますが、氷魚を採取して育てるという半天然です。

半天然と馬鹿にすることなかれ!頭から食べれて、かつ卵も食べられる!普通の鮎では楽しめない味わいがあります!頭には苦みがあり、卵部分はホコホコです♪高級天麩羅屋さんなどで食べられますが、出回る時期も9月から10月ごろと短いので、この機会にぜひお楽しみください!!

c0248011_02462.jpg

[PR]
by wagokoro-sudachi | 2015-09-16 00:24

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
最新の記事
以前の記事
検索
外部リンク
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧